67%OFFキャンペーン

芸能人の美肌の秘密!?卵殻膜美容液が今なら1日36円でお試し可能

詳細はこちら

チェルラーブリリオの副作用は大丈夫?全成分を1つ1つ解説

チェルラーブリリオの副作用と成分について チェルラーブリリオの全成分と副作用

チェルラーブリリオを購入する前に副作用などが出ないか安全性を確認したいあなたのために成分を1つ1つ解説していきます。

チェルラーブリリオの副作用大丈夫?全成分を1つ1つ解説

水、BG、加水分解卵殻膜、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、ムクゲカルスエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、α-グルカン、マンニトール、レシチン、グリセリン、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

こちらがチェルラーブリリオの全成分です。

それぞれどのような成分か簡単に説明します。

多くの化粧品に使われるベースの素材。成分を溶かし込むのに使われる。

BG

代表的な水性成分。保湿と抗菌性を化粧品に付与する。

加水分解卵殻膜

卵の殻の内側の膜を加水分解したもの。アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどを含み保湿効果や肌にハリを与えてくれる。

東京大学などでも研究されている注目成分。

卵アレルギーの方は心配されると思いますが、キューピーが公開している安全データシートでは皮膚への刺激性や感作性がないことが確認されています。

ただ、100%安全とは言い切れませんので、心配な方は使用を避けるか医師にご相談されることをおすすめいたします。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

いわゆるEGFのこと。

潤いやハリツヤある肌へのサポートが期待される成分。

フラーレン

抗酸化力の持続性と作用が期待され、年齢に合わせたエイジングケアに幅広いサポートが期待される成分。

リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴの植物幹細胞系成分。潤いやハリを与えてくれる。

エリンギウムマリチムムカルス培養液

セリ科の海洋植物の植物幹細胞系成分。保湿、ハリを与える。

ムクゲカルスエキス

植物幹細胞系成分。保湿、ハリを与える。

水溶性プロテオグリカン

ヒアルロン酸の130%の保湿効果が確認されている成分。

鮭の鼻の軟骨からたくさん作れるようになってから化粧品にも配合されるようになった。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分。

水溶性コラーゲン

代表的な保湿成分。

グルコシルセラミド

肌のバリア機能を担う成分の1つであるセラミドの前の段階の成分。

お肌の水分を抱え込む力が強く、蒸発を防ぐことで潤いを保つ。

スクワラン

スクワランの元であるスクアレンは人の皮脂の中にも含まれる成分。

そのため、肌馴染みが良いことで知られる。

水分蒸発を防ぎお肌を保護するエモリエント作用がある。

ノバラ油

ノバラの精油。肌のキメを整える。

イランイラン花油

イランイランの精油。お肌を整える。

α-グルカン

チェルラーブリリオのHPではα-グルイアンと誤記載されているが、正しくはα-グルカン。

増粘や保湿作用がある成分。

マンニトール

保湿成分の1つ。

レシチン

天然の界面活性剤。界面活性剤と聞くとイメージが悪く感じるかもしれませんが、肌の構造に近く保湿効果がある優れものです。

刺激性や肌への負担の懸念はありません。

グリセリン

代表的な保湿成分の1つ。

PVP

ポリマー(高分子成分)。化粧品の安定や皮膜形成の役割。

キサンタンガム

天然の増粘剤。

PEG-60水添ヒマシ油

トウゴマの種子=ヒマシをベースに作られる界面活性剤。

非イオンなので肌には優しい。

フェノキシエタノール

防腐剤。玉露などから発生し、待機中にもある成分。

肌のバリア機能が弱っているとまれに刺激になるケースもあるものの、基本的に安全性に問題のない成分。

まとめ

チェルラーブリリオは基本的に副作用が心配されるような成分は含まれていません。

化粧品であるため安全性に十分に配慮されています。

ただ、卵アレルギーの方や、肌のバリア機能が壊れている方は注意が必要です。

チェルラーブリリオの口コミレビューの記事もありますので、購入を検討されている方は合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました